試食販売 初級編 · 2019/04/24
初対面のお客様と短時間で良い関係を築きたいと思った時に、注意しておきたいことの一つに「相手との距離感」があります。これは、いわゆる「心の距離感」のことではなく、双方の物理的な距離(立ち位置)のことです。通常、人は半径1m以内の領域に他人が入ってくることを拒みます。
試食販売 初級編 · 2019/04/22
対面販売において相手の心を開くには、警戒心を解き、いかにリラックスさせてコミュニケーションが取れるかにかかっています。そこで販売員は接客する際、いくつか注意が必要です。その一つに「立ち位置」があります。

離れた場所にいる人を自分のブースに集めるためは、声出し(呼び込み)以外にも嗅覚を刺激する方法があります。屋台や飲食店から美味しそうないい匂いがしてくると、人は自然にそちらに目が行きます。その匂い原因を突き止めたくなるんですね。
さて、前回は聴覚を刺激することによる試食販売の集客方法について書きましたが、今日はそれをもう少し掘り下げて状況別に書いてみたいと思います。声出し(呼び込み)というのは、大きな声を出すほど良いように思われがちですが、一概にそうとは限りません。

試食販売をしていても、自分の前にお客様が来てくれなければ接客はできません。では、どうすれば自分のブース前に人を集めることができるのでしょうか?離れた場所にいる人に興味付けするには、五感のうち聴覚と嗅覚を刺激するのが有効です。
よく売る販売員さんは、一見してはわからないような細かいところで、他の販売員さんとは違うことをしています。今日は昨日に引き続き、接客を始める前に調べておくと販売に優位に働くことを書いてみたいと思います。

お店に入店して売場担当者様にあいさつを済ませ、試食の準備も出来たら、以下のことを確認しておくと販売をする上で非常に有利になります。それは、①賞味期限の確認②(ポイントデーなどの)当日のお店のイベント③チラシ内容④お得情報などです。
試食販売 初級編 · 2019/04/15
試食販売において、試食サンプルをどう作るか(見せるか)も売上に大きく影響してきます。基本的には、美味しそうか食べやすそうか、また適温か、清潔そうかといったことが判断基準になりますが、お店の状況や客層に合っているかどうか等も作成する時には考慮する必要があります。

試食販売 初級編 · 2019/04/11
お店に入店して試食販売の準備をする際、注意することが何点かあります。まず、①売場担当者にあいさつを済ませた後、②売場確認、③試食台、ゴミ箱の設置、④備品・機材の準備を行います。
試食販売 初級編 · 2019/04/10
試食販売の経験が浅い人は、まだ慣れていないため、現場では緊張しっぱなしだったりします。ただ、いくら緊張していても、絶対に抑えておかないといけないことがあります。

さらに表示する