接客のコツ|NGワード|クロージングで絶対使ってはいけない言葉

実際に接客を受けたり、販売員が他のお客様に接客しているのを聞いていたりすると、意外とよく耳にするある言葉があります。ほとんどの方が無意識のうちに発しているのだと思いますが、実はこの言葉、かなり注意が必要なんですね。

 

こんにちは!有限会社リボンの吉本です。

 

販売初心者の方ならまだしも、比較的経験のある方でも口にしていることが多いのは「良かったら…」という言葉。

 

良かったら見て行ってください

良かったらご試食ください

良かったらお買い求めください etc…

 

注意して聞いていると、意外に多くの方が口にされていることに気づきます。

 

日本人は遠慮の文化があるため、「良かったら…」と言われるとついつい「いえ、いいです」「いえ、大丈夫です」など、否定的な言葉が出てきます。

これでは前に進みませんよね。そこで、

 

 

良かったら見て行ってください

     ↓

ぜひご覧になって行ってください

 

良かったらご試食ください

     ↓

ぜひご試食だけでもどうぞ

 

 

のように言い換えてみるとどうでしょう。

後者の方が「それなら…」という気持ちになりませんか?

 

「良かったら」という言葉を絶対に使ってはいけないのがクロージング。

いい感じで接客が進み、お客様も買う気になっている最後の最後に

 

「良かったらおひとついかがですか?」な~んて言おうものなら、お客様の気持ちに急にストップがかかってしまいます。接客を受けている間は販売員主導で話が進み、それに同調する形で良かったのですが、クロージングに来ていきなり「はいどうします?」と自分で考えることを要求されます。そりゃぁお客様も慌てますよね?そうなると「やっぱりやめておきます」「もう少し考えます」というような否定的な言葉が出てくるんですね。

 

最後は、「ぜひお買い求めください」「自信もってお勧めしますので、ぜひおひとつどうぞ」など、お客様の背中を押してあげる断定的な言葉でしめくくりましょう。そうすることによって、お客様も「そうか、これを買ってもいいんだな」という気持ちになります。

 

いい流れで接客が出来ていたのに、最後の最後でNGワードを口にしてしまったら勿体ない。口癖になっている方は、注意した方がいいですよ。

<試食販売・試飲販売、マネキン派遣、店頭販売、催事販売、展示会MCスタッフ派遣 関西 大阪/兵庫(神戸)/京都、販売促進企画、販売コンサルティング、販促物作成、プロモーションビデオ作成、セミナー研修 ー 有限会社リボン>

連絡先:〒530-0001 大阪市北区梅田1-11-4-1000 大阪駅前第4ビル10階

TEL 06-6485-8005

*「店頭販促の件で」とお気軽にお電話ください!

メールでのお問い合わせは24時間受付中。

試食販売、店頭販売 大阪/兵庫/京都、販促企画のお問い合わせはこちらから