試食販売の準備する上での注意点

 

お店に入店後、試食販売の準備をする際、注意することが何点かあります。

 

(こちらも参考にしてください → 試食販売入店時の注意点①

 

まず、①売場担当者様にあいさつを済ませた後、②売場確認、③試食台、ゴミ箱の設置、④備品・機材の準備を行います。

 

 

自分が今日販売する場所(売場)はどこなのか?

お借りする試食台とゴミ箱はどこにあるのか?

調理器具を使用する際、コンセントはどこにあるのか? 等、

 

こういったことは売場担当者様にあいさつに行った時に、同時に聞いておくようにしましょう。

 

 

実は、開店前のこの時間帯は店員さんは一番忙しい時間になります。

 

そんな忙しい時に何度も「あれはどこにありますか?」「これはどうしたらいいでしょうか?」と聞きに来られると担当者様もイライラしてしまいがちです。

 

初めて勤務する場合は多少仕方ありませんが、要領よく準備を進めるためにも、また担当者様と良好な関係を保つためにも、必要なことはできるだけまとめて聞けるように事前に準備しておくことをおススメします。

 

 

さて、次に売場に案内してもらい、試食台とゴミ箱をお借りしたら、備品・機材の準備を行います。

 

 

販売商品によっては、ホットプレートやオーブントースターを使用することもありますが、これらは場所を取るため、狭いスペースの試食台はきちんと整理しておかないといけません。

 

試食台の上が散乱しているとスムーズに業務をするのが困難になり、トラブルを招きやすく、売上にも影響してきます。

 

ナイフなどはエプロンのポケットに、ホットプレートなどはお客様がやけどしないような場所に置くようにしましょう。

 

 

また、使用する備品もポリ手袋、紙皿、つまようじ、まな板、ナイフなど販売商品によって違ってきますが、試食台には必要な分だけ取り出しておき、あとの分も試食台の下などに出し入れしやすいようにしておく方がベターです。

 

備品の購入に関しては、販売当日の店舗で購入しても構いませんが、レジ業務がスタートするまでは買えませんし、取り扱っていない店舗もあるため、前日までに購入しておくことをおススメします。

 

ただし、調味料や調理する食材などに関しては基本的に外部からの持ち込みは禁止されているので、当日勤務する店舗で購入するようにしてください。

 

 

以上です。

 

何気ないことですが、備えなければ憂いなし。

 

最初がキマれば一日が気持ちよく滑り出します。

 

 

上手い人は準備の段階でも、いろいろ創意工夫が見られるので、是非あなたも万全な準備を心掛けてみてください。

 

では。

 

試食販売 準備注意点

 

 

<試食販売・試飲販売、マネキン派遣、店頭販売、催事販売、展示会MCスタッフ派遣 関西 大阪/兵庫(神戸)/京都、販売促進企画、販売コンサルティング、販促物作成、プロモーションビデオ作成、セミナー研修 ー 有限会社リボン>

連絡先:〒530-0001 大阪市北区梅田1-11-4-1000 大阪駅前第4ビル10階

TEL 06-6485-8005

*「店頭販促の件で」とお気軽にお電話ください!

メールでのお問い合わせは24時間受付中。

試食販売、店頭販売 大阪/兵庫/京都、販促企画のお問い合わせはこちらから